花楽日記

〜はならくにっき〜

【ろうばい】2017.02 秩父・宝登山

f:id:ho_toyama:20170212035219j:image

2月上旬に秩父にある宝登山に蝋梅を見に行きました。

 

宝登山のサイトによると約3000本もの蝋梅が咲き乱れているそうです。

蝋梅だけでなく梅も沢山咲くので、時期を見計らえば両方楽しむことができます。 

 

宝登山は過去にも行ったことのある場所なので、過去写真からも選りすぐりをご紹介。

 

青い空に映える、艶々と輝く黄色が素敵です。

f:id:ho_toyama:20170212041958j:image

f:id:ho_toyama:20170212042351j:image

 コロンとした花が可愛いですねぇ…(*´∀`*)

 

こんな種類の子もいました。

f:id:ho_toyama:20170212043524j:image

 f:id:ho_toyama:20170212043547j:image

花の中は赤い。

 f:id:ho_toyama:20170216135856j:image

 こっちのも赤いけど、花弁の形がちょっと違うかな?

 

宝登山は山なので、麓の光景もいいです。

そして太陽が近い。天気がいいと太陽を強く感じることができます。

f:id:ho_toyama:20170212044403j:image

f:id:ho_toyama:20170212044626j:image

 山の麓からの風が蝋梅の品のある甘い香りを運んできて(with花粉)、思わずはっとさせられます。

 

「おお〜!いいにおい!くしゅんっ、ぶしっ、えぶしっ」って言ってる人見かけました。あとは涙を流す人とか。

みんな感涙に咽んでたのかな…!

 

 f:id:ho_toyama:20170219012952j:image

写真で見ると花の色的に地面の色と同化してイマイチ地味っぽく見えますが、生で見ると全然違うので、直接見るのが一番です。

 

宝登山はもとは火を止める山と書いて火止山といったそうです。

その由来は、日本武尊が山頂へ向かう際に起こった火事を山犬たちが止めたそうです。それによりこの山は火止山となったとのこと。

この案内はロープウェイの中でアナウンスまたは駅員さん?が案内してくださるのでロープウェイに乗ると分かりやすい話を聞かせてくださいますよ!

(2013年から2016年は落ち着いたお声のお姉さんが案内をしてたんですが、今年2017年は男性の若い駅員さんに変わってました。録音はお姉さんの声でしたけどね。)

そのから宝登山に漢字が変わったようですが、宝に登る山っていい名前ですよね。

実際初めて行った時、蝋梅の黄色がキラキラしてて宝の山って表現はぴったりだと思いましたし。

 f:id:ho_toyama:20170219055059j:image

f:id:ho_toyama:20170219052644j:image

宝登山狛犬です。オオカミなんですって。

 

🌟アクセス

宝登山の最寄駅は秩父鉄道長瀞駅です。

蝋梅のシーズンは、駅前のロータリーからロープウェイ乗り場まで送迎バス(無料)が出ています。

結構な頻度で走っていてるので、そこまで待つこともないと思います。

運動不足の人間が歩いても15分くらいですので、まったりお散歩したい方は歩くのも楽しめるかと。

 

 歩く場合は白い鳥居をくぐってひたすらゆるやかな坂を登ります。

ふもとにつくとロータリーになっているので山を正面にして、左手にある急な坂を登って行くと駐車場につきます。

駐車場にあるトイレの右手の階段を登って行くとロープウェイ乗り場です。

 

ロープウェイも見頃の時期は運転本数を増やして対応しています。

ですが、見頃の時期だと人がとてつもなくくるのでロープウェイ乗り場で結構並ぶことになる可能性が高いです。

時間に余裕を持って行かれるのをお勧めします。

 

🌟料金(2017年現在)

ロープウェイ

往復 820円(子供410円)

 

🌟おまけ

↓2013年に行った時に道中にあったもの。

f:id:ho_toyama:20170212051105j:image

 ひたすらハンガー?が並べられているのがとてつもなくシュール笑